停滞

WCCFのプレイ日記、34回目です。
最近は次から次へと新クラブの構想が浮かんできて止まりません。
こうやって選手選びやフォーメーションなどを想像している時間もこのゲームの醍醐味と言えるでしょう。

さてOATIBです。
予定通りレギュラーリーグ公式戦とフレンドリーマッチをこなして行きますが、先ずはレギュラーリーグから。

3戦全勝の首位から4試合を行ない、2勝2分の2位でフィニッシュとなりました。
1敗はマラドーナ、サビオラらを擁するアルゼンチン選抜クラブとの対戦でしたので負けても楽しかったですが、もう1敗のほうはネットワークのタイムアウトによるCPU戦。
最終節がCPU戦で完封負けはなんかサギ臭い感じがします。

もっとも、最終成績での1位は6勝1敗の得失点差+15というアホみたいな成績でしたから、7戦全勝でないと優勝は出来なかった訳です。
レギュラーリーグは初戦を引き分けると難易度が下がるというのも、あながち間違いではないかも知れません。

その後はプレシーズンカップを回避してフレンドリーマッチを行ないます。
先ずはサビオラの特殊能力が覚醒、続けてリヴァウド・グァルディオラの黄金連携が成立します。
そしてついにリヴァウドの特殊能力が覚醒、レアチームスタイルであるジンガ発動に王手がかかります。

問題はここからで、もう1つの目標とするレアチームスタイル、クロックワークの肝であるコクーの特殊能力覚醒が待たれます。
さらに特典ゲッターのクライフェルトの個人能力もリーチ状態の上、特殊連携のある選手ばっかりなのでリヴァウドを中心にコクー、ガブリ、ロベカルとの黄金連携もリーチです。

正直、育成に感してはいろんな所に手を出し過ぎの感があり、今後に課題を残す内容となりました。

既に支配パラは震撼しているので、スピード1本に絞って練習開始。
世界最高レベルまでたどり着いた後、5回連続で鳥肌コメントなし。
結局この日はダブル震撼を見る事もなく、累計で7000円28クレ連続キラ引き無しに終わりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。