10億の壁

WCCFのプレイ日記、31回目です。
日韓戦を見終えてこの記事を書いていますが、緊張感に溢れるいい試合でした。
勝ってりゃもっといい試合でしたけど。

わたくしは岡田ジャパンのサッカーよりザックジャパンのサッカーの方が面白いと思いますし、より日本人に合っているように感じます。
ザッケローニ監督の就任は現時点では大正解と言っていいでしょう。

で、日本代表にあてられてわたくしもナショナルチームを率いてみたいと思い画策中。
所持しているカードで今すぐにでも作れそうなのはイタリア代表、ブラジル代表、スペイン代表なんですがどうしたものか。
オランダ代表なんかも面白そうですな。

さて試合の方はレオーネ・ミラノ3から。
着座が丁度W4タイトルホルダーズカップ前だったのですかさず参戦。
カカの調子が全く上がらずヒヤヒヤしましたが、なんとか4戦全勝でタイトルを獲得できました。

このクラブは良きにつけ悪しきにつけカカ頼みになっているのは間違い無いです。
かつ、トップ下を務められる代役を入れていないので、うっかり彼を不調にすると目に見えて戦闘力が下がるのは宿命のようなものです。
他にトップ下が務まりそうなのはピルロですが、スタミナに難があるので1試合まるまる使うのはキツい選手です。

今回はU-5に拘った為セードルフやロナウジーニョを外しましたが、敢えて黒キラ枠を削るとしたらGKレーマンを白のアビアーティに替えるぐらいかしら?
まあなんとかやり繰りするしかありませんね。

次戦、キングスクラブカップにはOATIBが挑みます。
キングスクラブカップとナショナルスーパーカップを獲得すれば賞金総額は8億8千万円、インターナショナルクラブチャンピオンシップの出場条件である獲得数賞金10億円を目指すにはもってこいです。

楽観視していた1回戦、いきなり1-1のドローからPK戦へ入りますが、低調だったカニサレスが5本中2本を止めるナイスセーブで準決勝進出。
いつもながらカップ戦は1回戦が鬼門になります。
その後は全て完封でらくらくKC獲得、他のプレイヤーも着座してましたが参加資格が無い方ばかりで、NSCも獲得成功。
計算通り賞金総額10億円突破です。

次のカップ戦、チャンピオンズトロフィーには参加資格がありませんのでどんどんフレンドリーマッチをこなします。
殆ど失点することもなく5戦全勝、最期の試合でサビオラがリーチ一発ツモ、個人能力覚醒に成功。
今後はクライフェルトの個人能力、コクーの特殊能力、サビオラの特殊能力を優先で育てていきます。

カップ戦でプレミア所属のCPUクラブを負かす度に有名コーチが来ますのでチームパラメータはいい加減な事になってますが、スピード、オフェンス、支配を警戒レベルまで上昇させることが当面の目的です。
レアチームスタイル完成にはあと40戦以上は必要でしょうか。

OATIBのここまでの成績は15戦14勝0敗1分となっています。
チームスタイルがAになるまでは、レギュラーリーグを回避しカップ戦とフレンドリーマッチを主体に行っていくつもりです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。