囲む会

WCCFのプレイ日記、27回目です。
先日ACミラン選抜U-5クラブを立ち上げたばかりですが、実は同時進行でもう1つ新クラブの編成を行なっておりました。

わたくしの大好きな選手でありながら、レオーネ・ミラノ3では構想外となっているリヴァウド。
折角なので彼を活かすクラブを作りたいと思い検討を重ねていましたが、漸く日の目を見そうです。

クラブのコンセプトは「リヴァウドさんを囲む会」。
リヴァウドがバロンドールとFIFA年間最優秀選手賞を同時に受賞したのは、バルサ所属の1999年。
この絶頂期を、往時を知る選手達を中心に再現するのが目的です。

さて注目の選手ですが、先ずスカウトが狙うのはリヴァウドと同時期にバルサに所属していたチームメイトです。

FW:パトリック・クライフェルト(バルサ在籍98-04シーズン)
FW:ハビエル・サビオラ(同01-04及び06-07)

MF:ジョゼップ・グァルディオラ(90-01)
MF:フィリップ・コク(98-04)
MF:ガブリ(99-06)
MF:ルイス・フィーゴ(95-00)
MF:シャビ(98〜)

DF:フェルナンド・コウト(96-98)
DF:ミカエル・ライツィハー(97-04)
DF:フレドリク・デウー(99-00)
DF:カルレス・プジョル(99〜)

クライフェルト、サビオラはリヴァウドと共にトリデンテ(三又槍)と呼ばれた3人でした。

センターサークルに陣取るのは現バルサ監督、グァルディオラ。
右SMFは当然この人フィーゴ。
コク、ガブリのコンビが中盤の底を抑えます。

ディフェンス陣はカード化メンツが少なく苦労しましたが、CBコウト、CBデウー、SBライツィハーをスカウト。

往時はカンテラ出身のルーキー、現在ではバルサの金看板であるシャビとプジョルにも参加してもらいます。

そしてバルサ=バロンドール繋がりで欠かせないこの2人も召喚。

FW:リオネル・メッシ
FW:ロナウジーニョ

困り果てたのがSBもう1枚の人選です。
ここはブラジル繋がりでカフー御大にお出まし願おうかとも考えたのですが、バルサとは何の絡みも無いので断念。
そこでリヴァウドが3度のワールドカップを同志として戦い、バルサ最大のライバルクラブで不動のレギュラーであったこの方をスカウト。

DF:ロベルト・カルロス

さて最後にGKです。
普通に考えればホセ・レイナが鉄板ですが敢えて対戦相手からチョイス。
リヴァウド伝説を彩る「あの試合」でゴールマウスを守った彼を。

GK:ホセ・サンティアゴ・カニサレス

という訳でこんなカードを揃えてみました。

FW 5名
リヴァウド(02-03 IS)
クライフェルト(02-03 LE)
サビオラ(06-07 RE)
ロナウジーニョ(05-06 EMVP)
メッシ(08-09 SP)

MF 5名
グアルディオラ(01-02SP)
シャビ(08-09 SP)
フィーゴ(05-06 SP )
コク(05-06 LE)
ガブリ(08-09 RE)

DF 5名
コウト(01-02 RE)
プジョル(08-09 BE)
デウー(05-06 RE)
ライツィハー(05-06 RE)
ロベルト・カルロス(06-07 SP)

GK 1名
カニサレス(05-06 SP)

綺麗に5:5:5ですが、フィーゴは殆どFW扱いですし、バックスに至っては人選のしようが無い状態なので。
攻撃力に比べて守備力に不安が残るのは、まぁバルサっぽくていいかなと。
殴り合い上等、君が泣くまで殴るのをやめないッ! って感じですかね。

レギュレーションはU-5Rになりましたが、09-10バージョンでメッシがMVPカード化されたら絶対に欲しいのでどうしようか?
安いといいですね(自力で引く気はナッシング)。

試合のレポートはまた次回に。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。