三たびミラノの地へ

WCCFプレイ日記、25回目です。
ミラノへの2度の旅を終えたわたくしですが、休む間もなく新球団立ち上げです。

隣の芝生は青く見えるとは良く言ったもので、U-5Rのチームを率いていればU-5が面白そうに見えますし、U-5であればフリーやU-5Rは強く見えます。
カードが全てでは無いのがWCCFの良いところですが、逆に良いカードを集めてレギュレーションをフリーにしても、選手の陣容が豪華であればある程リスクが大きい現在の仕様ではあんまり得をしない感が強いです。

という訳でわたくしはまたもミラノへ赴きますが、初心に返ってレギュレーションをU-5に固定したACミラン選抜を結成しました。

クラブ名:レオーネ・ミラノ3
本拠地:イタリア ミラノ

所属選手
FW:カカ(07-08 WMVP)
FW:アンドリー・シェフチェンコ(08-09 RE)
FW:フィリッポ・インザーギ(06-07 SP)
FW:ヨン・ダール・トマソン(04-05 RE)
FW:パト(07-08 RE)

MF:アレッサンドロ・ピルロ(05-06 WMF4)
MF:マッシモ・アンブロジーニ(05-06 RE)
マシュー・フラミニ(08-09 RE)
ジェンナーロ・ガットゥーゾ(01-02 RE)

DF:アレッサンドロ・ネスタ(04-05 WDF)
DF:ダニエレ・ボネーラ(08-09 RE)
DF:カハ・カラーゼ(08-09 RE)
DF:マレク・ヤンクロフスキ(05-06 RE)
DF:マッシモ・オッド(07-08 RE)
DF:ファブリツィオ・コロッチーニ(04-05 RE)

GK:ジダ(04-05 SP)

キャプテン:アンブロジーニ
PKキッカー:シェフチェンコ
FKキッカー:ピルロ
CKキッカー:カカ

前回のプレイで師弟関係が成立しているカカとシェフチェンコには今回も同行してもらいますが、能力が最大に育っているシェバは白カードを採用しました。
FWはリヴァウドを外し、特殊実況を聞いてみたかったトマソン(ゴールの外科医)と前回はクビにしたパトを入団させます。

MFでは泣いて馬謖を斬る思いでセードルフとロナウジーニョを外し、前回は加入を見送ったフラミニを採用。
ガットゥーゾは黒から白カードへコストダウンです。

DFはチームのファウル王だったマルディーニをクビにし、入れ替わりにカラーゼ御大が参加。
その他のメンツもネスタを除き全て白カード選手を採用しました。

GKは思いの外PKセービングが効いたジダを留任させます。

今回は1stディビジョン所属から始まる筈なので序盤は負けまくるのを覚悟してますが、20戦程度でメンツを見直し必用があればアジャストしていくつもりです。

戦術ですが、フォーメーションは3ボランチの4-3-1-2と中盤ダイヤモンド型の4-4-2が有力でしょう。
チームの連携が育たないうちはお得意のフィールド支配がどの程度功奏するかわかりませんので、インザーギのゴールハンティングから試合に入り、リード出来ればネスタのバイタルエリアプレスやボネーラのアンチファンタジスタでディフェンシブに回す形をとることになりそうです。

前回はチーム能力をオフェンス・支配・スピードに絞って育ててみましたが、2枚目の監督カードで能力値を震撼させるのは結構なムリをしなくてはならないと推測されます。
為に、今回も奪取・ディフェンス・パワーを警戒レベルまで上げた後、支配・オフェンス・スピードの3本柱での育成を目標とします。

選手個人の育成で優先されるべきは、先ずインザーギの個人能力覚醒。
続いてトマソン、パト、ジダの個人能力を育て、こちらが一段落ついたらインザーギ、ジダの特殊能力を育てることになるでしょう。

連携はFW陣を中心に、カカとの連携強化を優先で育てて行きます。

また前回失敗した師弟関係は、カカ、シェバ、ピッポを必ず次へ連れていくつもりでいます。
4人目の候補はジダが有力でしょう。

勝率その他の目標は現時点では定めていませんが、監督レベルCから最低B、出来ればAを目指して120戦程度戦えればと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。