そんな子に育てた覚えは

WCCFのプレイ日記、17回目になります。
前回お伝えした通り、大幅に選手を入れ替えてレギュレーションをR5としたレオーネ・ミラノ。
果たして各選手の使い勝手は如何なものか。

本日はサテライトが埋まっており着座タイミングも良くなかったので、出場資格の無いタイトル戦の裏でフレンドリーマッチとレギュラーリーグを消化することになりました。
内訳はレギュラーリーグ公式戦を6試合、フレンドリーマッチを8試合です。

さて前回から居残りとなった選手育成ですが、フレンドリーマッチで勝利してもロナウジーニョがなかなか覚醒しません。
合間にインザーギをシャカシャカ擦っていたら一発で覚醒!どないなっとんねん(笑)。
ひょっとして監督との相性とか関係あんのか? と思い調べてみたらわたくしはグループD、ピッポがB、ロニーがC。
DとBC間の相性は普通、結論としてちっとも関係は無さそうです。。。

その後漸くロニーが覚醒してくれたと思ったら、上がったのが何故かディフェンス!?
コミュニケーション時はオフェンス、スピード、ランニングしか選択していないですし、そもそも2しか無いディフェンス値が3に上がったところで何になるんだ!

ことロニーの育成に関しては、今回は失敗かなぁ。

なおカカとピッポの黄金連携も結局成立せず、次回へ居残りに。
他ではリヴァウドがもう少しで覚醒前まで持って行けそうです。

特殊能力の育成ですが、こちらは大苦戦しています。
ミーティングルームで行われる特殊能力育成は、基本的に前の試合でどの程度活躍したかによって正解が決まります。
得点とアシストを決めた選手は高評価で構わないのですが、前線にいない選手はどうにもいじり辛いところ。
ガットゥーゾとヤンクロフスキの特殊能力・ダイナモ系も成長させたいのですが、先ずはカカ、シェフチェンコ、インザーギを優先して行くべきでしょう。
カカとシェフチェンコはやっとこさ星2つというところなので、まだまだ先は長そうです。

チームパラメータは平均的に上げて来ましたが、6つの能力値が全てAランクまで上がりましたので今後はオフェンスと支配のみに振っていきます。
どこらへんまで育つのかは試してみないとなんとも言えませんが、正直もうすぐ限界だとは思います。

さて、入れ替えた選手カードについて触れて行きましょう。

1番大きな差を感じるのがシェフチェンコで、右WGで使用した場合の玉離れが良くなっています。
BSは右サイドから強引にペナルティエリアへドリブル突撃してシュートを放つパターンが多かったのですが、WFWは相手DFとの位置関係を考えて突破とクロスを選択するようで、目の冷めるような高速クロスを何度も決めてくれています。
わたくし的にはBSより使いやすい印象でした。

カカはトップ下に置いた場合、前線での守備力がアップしているように感じます。
チームスタイルのフィールド支配を使用した場合は、自分より前線に味方が入ればワンタッチパスを選択。
そうでなければフェイントを駆使したドリブルで突破を計りますがこいつが強烈。
シェフチェンコとは黄金連携が成立していますが、インザーギとも黄金連携が成立すればワンタッチパスが大きな武器となりますし、いざとなれば1トップが務まります。

リヴァウドは今までCFとして使ってきましたが、カカやロナウジーニョとの連携を活かしてトップ下で使用しています。
フォーメーションを4-4-2とした場合左にリヴァウド、右にカカをOMFで配置がかなりいい感じです。
隙さえあらば、悪魔の左足からミドルも狙っていきます。

ロナウジーニョは左WGで起用した場合、クロスはともかくドリブルがヘナチョコな面がありますから、いっその事でCFへ鞍替えしました。
彼の得点能力を活かすにはこの方が向いているようです。

新加入のアンブロジーニは見た目の能力値が地味なのですが、DMFとしての適性はかなりのものです。
ピルロやガットゥーゾと比較して攻め上がっていく傾向が薄いので、配置通りに中盤の底をキチンと固めてくれます。
玉離れもガットゥーゾより余程いいので、奪ったボールを奪い返される局面が殆ど見られないのも長所です。
試合後のロッカールームではチームただ1人の金髪のお陰で、何処にいてもすぐに分かるという能力も持っています。

マルディーニはやはりSP版と比較して明らかにファウルが少なくなっています。
ただスタミナが少ないのは困りもので、1試合持たないセンターバックってなんだよと言いたくなります。
ハードな練習を続けていると最初にヘタばるのは彼なので、休養の目安としても活躍しています。

最後にジダですが、どう変わったんだか良く分かりません。
そもそもわたくしはキーパーボタンの使い方がヘタクソなのでキラカードGKの方が助かる気もしますし、キラでなくとも良い気もします。

尚、5R縛りはしばらく続けるつもりですが明確な期限は区切っていません。
選手の入れ替えは無いにせよ、カードを入れ替える事で信頼度に影響が無いとも限りませんので、この監督カードを終えるまでは続けてもいいかなとは思っています。

この日は14試合を行い10勝2敗2分、レギュラーリーグ公式戦は第2節から最終節までを終えて2勝1敗4分の5位でフィニッシュ。
クラブの実力を計る目安としては、3勝を上げてディビジョン1に定着できるようになりたいところです。
ちなみにレギュラーリーグはネットワーク対戦ばっかりだと思っていたら、「対戦相手が見つかりません」と表示が出てCPU戦が1度ありました。

ここまでのトータル戦績は53戦35勝6敗12分となりました。
2度目の任期延長ライン(55戦で35勝)を超えられましたのでほっとしています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。