光る男

タイトルはご覧の通りですが、武藤敬司の話題は一切出て来ません。
例によってWCCFのプレイ日記です。

まだまだ課題が山積する我がクラブですが、早い段階で得点源にタマが揃い始めました。
3回目のプレイ、初っ端に引いた黒カードはFWのウェイン・ルーニー。

能力値では我がクラブNo1、即スタメン入りです。
一旦ロッベンを控えに回し、フォルラン、ロッベン、ルーニーの3人のうちコンディションの良い2人を先発させることにします。

白カードではようやっと左サイドが本職のDFミカエル・シルベストル、DMFとしてバワー、スタミナともに申し分ないパウロ・アスンソンが加入。
これで各選手とも無理の無いポジションで3-5-2が出来るようになりました。

ここまでで18戦を消化しましたが、クラブのランクが低いうちは、カップ戦に縁がないので殆ど対人戦が組まれません。
ディビジョン2の公式戦やフレンドリーマッチでCPU相手にチームの習熟を図ることになります。

さてそのCPU戦ですが、フォルラン、ルーニーの活躍で全く危なげ無い試合展開。
まあ相手がたいした事ないってだけなんでしょうが。
勢い、チームの練習もオフェンスとパスワークをメインで行ない、紅白戦でその他の穴を埋める方向で進めました。

そしてトータル21戦、ディビジョン2公式戦を6勝1分で1位、昇格を決めた試合後に引いたカードがこちら。

アレッサンドロ・デル・ピエロ、写真だと分かり辛いですが綺羅カード(レア)です。イヤッホウ!
トータル投資3000円でのレア引きは早い方だと思います。
勿論、即入団決定。トップ下を任せる事にしましょう。

この日はもう1000円7試合を行い、プレシーズンカップ決勝まで進むものの2対1で敗れ初戴冠はならず。
キーパー問題は解決出来ないまま終了です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。