コラボと言えば聞こえはイイ

サークルKサンクスで販売中の「落語協会監修 二八そば、いなり寿司」をひとつ食べてみました。

サークルKサンクス プレスリリース

味はふつう。
ってか蕎麦屋がならともかく、落語協会が監修した途端にウマい蕎麦が作れるようになったら、それはそれでおかしな話ですが。

という訳でコラボの内容はと申せば、落語に関するオマケが付きますっていうだけ。
狙いがどこにあるのか釈然としない商品なんですが、サークルK側とすれば話題作り、協会は知名度アップで手を組んだというところでしょうか。

しかし、「出囃子の着メロ」が欲しくて、蕎麦食べる人がどれだけいますやら?
「たまたま目にしたから買ってみた」という消極的購入者と、「どうしてもこの蕎麦orお稲荷さん買わなきゃ」という積極的購入者は、POSシステムで区別がつくはずもなし。

わたくしは落語好きなのでネタ半分で買いましたけど、売れてるのか気になります。
コラボと言えば聞こえは良いんでしょうけど、そこはかとなしにアイデア倒れ感あり。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。