オープン ザ プライス

以前にも少しお伝えした、女性によるアメリカンフットボールのプロリーグ「ランジェリーフットボール(LFL)」の話題です。

地元メディアの報道によれば、去る14日にエクスパンションチームのニューヨーク・マジェスティが選手選考会を行ったとのこと。
そんな調子で9月開幕に間に合うんかいな??

他に何か目新しい情報でもあろうかと公式サイトを覗いてみたら、いつの間にやらオンラインショップがオープンしてました。

商品内容は、公式Tシャツが20〜30$。
これはこんなもんじゃないかと思うんですが、オーセンティックジャージ(っていうか水着)が175$、こっちは高いんだか安いんだかよく分かりませんな。

挙句、選手の着用済みジャージが250$⁉
これに至っては全く価値の判断基準が分かりません。
何でも鑑定団でおなじみのスポーツグッズの権威、流体力学の社長さんに鑑定してもらいたいところです。

ビーチバレーの浅尾美和さん着用済み試合水着とかだと、国内では滅茶苦茶な値段がつきそうではありますが、こっちはどうなんでしょうか。

考え様によっては、LFLが将来爆発的な人気になったら一財産になるかも?
お財布に余裕のある方、投機対象に如何ですか。
わたくしは遠慮させて頂きますが。

広告

コメント / トラックバック2件 to “オープン ザ プライス”

  1. 着用済みを売るとは…250$だとマニアには安い買い物でしょう。浅尾だったらとんでもない値段になるのは必至ですが、実績を考えると単なるブルセラですわ。個人的には相方の西堀選手にがんばってもらいたいです。地味過ぎて気の毒です。

    でも、公式Tシャツはボッタクリ価格じゃなくて好感が持てます。

  2. walker3rd Says:

    そもそも浅尾選手がいなければビーチバレーなんて報道すらされない気がします。
    バレーボールでも熱心なのさフジテレビだけだし。
    LFLも色モノであることに間違いは無いんですが、果たしてどの程度のファンをあつめられるやら。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。